荒川河川敷の液状化対策

昨年から行われていた、荒川河川敷の液状化対策工事が終了しました。

国土交通省の管理する河川敷の耐震化は初めてての事。
首都直下地震など大災害時の避難広場にも指定されているところです。防災船着場もあり、水運を活かした人や物資の輸送を行うためにも耐震化は重要な対策であると思います。
一昨年の新志茂橋の耐震化と合わせ、地域の安心拠点がまた一つできました。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る