子どもの居場所づくりを

11月7日党女性委員会の山本かなえ・青少年いきいき教育PT座長(参院議員)と共に大阪府守口市の「もりぐち児童クラブ事業」を視察し現状について同市の豊田教育長から話しを聞きました。

守口市は18年度から市内の全小学校(18校)を対象に無料で放課後児童対策事業を行っています。
特徴は、保護者が就労などで放課後不在の小学校1~3年生を午後5時まで預かる学童クラブ機能と、参加希望の全小学校児童(1~6年生)、3歳以上の幼児(保護者同伴が必要)に安全な遊び場を提供する地域放課後教室の機能を併せ持っている点です。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る