荒川河川敷の「自立移動支援システム実験」に参加

荒川の河川敷で行われた「自立移動支援システム」の実験に視覚障害者の方と参加しました。

ユビキタスネットワークの一貫で国土交通省が進めているシステムの一つです。点字ブロックの中にICタグが入っていて特殊な白杖を当てると、手元の端末機が音声で周辺の案内を行います。
例えば、ピッと反応し「ここから上り階段○○段です」と案内をしてくれます。

近い将来、このシステムが町中に出来れば視覚障害の方だけでなく、観光案内など一般の方にも便利なサービスになるでしょう。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る