神戸市に視察

6月6日~7日 神戸市に視察に行きました
「一人暮らし高齢者の見守りシステムについて」神戸市の取り組みを聞いてまいりました。

地域での住民相互の見守りを補完するシステムとして、大阪ガスの通信機能付ガスメーターを活用し、毎日の暮らしの中で、ガス使用の有無によって生活状況を見守るサービスです。
神戸市は、震災前(昭和40年代)から現在までを4期に分けてひとりぐらし高齢者の支援を行っていました。民生委員、友愛訪問グループ、生活支援員、見守り推進員、見守りサポーター、などボランティアと行政が一体となり、高齢者を支えてきた実績がこの「見守りシステム」に発展していると感じました。

北区も、大いに参考にして、より良い高齢者支援の態勢を作っていきたいと思います。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る