社会保険庁が基本方針発表

3月31日 公明党区議団と太田昭宏幹事長代行が社会保険庁を訪問し、東京北社会保険病院(仮称)の早期開院と開院時期を明確にするよう求めました。

それに対し、社会保険庁は本日、病院の基本方針と今後のスケジュールを発表しました。

基本方針
①24時間体制による小児救急医療などの小児医療に重点を置いた運営を行う。
②地域の医療機関と連携する。
③併設の介護老人保健施設との連携を確保する。
④民間の創意工夫を生かした効率的な事業運営を行う。

今後のスケジュール
○4月14日 委託を希望している事業者への説明会
○5月第2週 事業計画などの提出締め切り
○5月第4週 庁内に設置する事業者選定委員会において 評価・選考・委託事業者の決定

 

以上の発表がありました。5月末には委託事業者が決定する見込みになりました。300億円はムダになりません。病院もできます。これからも、公明党は先陣切って、早期開設を推進してまいります。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る