赤羽北・不発弾処理

新河岸川の改修工事で発見された、「米国製2000ポンド爆弾」の処理が無事終了しました。

この処理のため、北区長が警戒宣言を発表し半径500メートルの住民が一時避難することになりました。
今回は事前準備をしっかり行い、短時間の避難でしたが首都直下型地震のことを思うと、避難所運営や避難者自身の行動がとても大切になってきます。

特にペットを飼われている方に、家族同様のペットを安全に避難させるため、日頃からの躾や災害備蓄の見直しを是非、考えていただければと感じました。

128-5 128-4 128-3 128-2

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る