地域の橋を安全に! 太田代表と国に要望

志茂橋の早期架け替えを要望

3月8日太田昭宏代表と公明党志茂神谷支部の皆様と共に、衆議院第一議員会館で、1886名の署名を添えて「安全な志茂橋の早期架け替えを求める要望書」を国土交通省の門松武河川局長に提出しました。
要望書では、下記のことを求めました。
①志茂橋を安全・安心な橋に早期架け替え
②高齢者や障害者が荒川河川敷を利用しやすい橋にすること

志茂橋は新・岩淵水門(青水門)を建設する際に造られた工事用の橋です。現在は、河川管理用の橋として利用され、一般の人も通行できるようになっていますが、耐震性が十分ではありません。
荒川河川敷は、東京都の指定している広域避難場所でもあり、周辺に暮らす住民にとっては志茂橋はなくてはならない重要な橋です。

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る